社員インタビュー

福田 裕貴19歳・佐賀県出身

Q.高校ではどのような勉強をしてましたか?
高校では主に、測量の基礎や造園(庭造り)について勉強していましたので、土木を専門に学んだわけではありませんでした。そのため、就職先を川野建設に決める前は不安もあったんですが……。働き始めて1年、自分がこんな大きな現場に携われていることが信じられなくもあり、うれしくもあります。
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?

一番の動機は、正直に言うと「東京に出たかった」というものでした(笑)。川野建設を就職先に決めたのは、先生に勧められたからです。最初は東京で働けるということしか頭にありませんでしたが、先生から話を聞くうちに大きな工事現場で働く自分を想像するようになり、不安を感じながらも、わくわく感を感じるようにもなりました。え、今どう思っているか、ですか? もちろん、よかったです! やりがいの感じられる仕事で、毎日充実しています。

Q.現在のお仕事内容を教えて下さい。
川野建設で働き始めて1年。これまで、高速道路のケーソン(柱)をつくる現場や線路をつくる現場に携わってきました。施工管理者として現場の安全管理をしたり、作業員の方々が仕事をしやすいように作業の段取りを組んだりしていました。やはり最初は緊張することばかりでしたが、人間すぐに慣れるものです!
Q.仕事をしていて楽しかったことを教えて下さい。
自分が大きな仕事の現場に関われることもありますが、僕が一番楽しいのは人との出会いです。現場で年上の方ばかりで最初は打ち解けられるか心配でホームシックになることもありましたが……現場に出るようになって半年ほどで多くの職人さんたちと仲良くなれました。仲良くなると、職人さんたちもこちらの無理なお願いを聞いてくれるようになったり。あぁ、こうしてひとつの工事が完成していくんだ、という充実感を味わえるのも、この仕事の醍醐味だと思います。
Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?

場所や環境が変わるだけで、やり方、方法が変わってくるというのが微妙に変わってくるんです。その変化に順応しなければいけないのが施工管理者の苦労するところだと感じています。ひとつしかないクレーンが、こちらの段取りが悪いと奪い合いになってしまったり。ときには別グループの職人さん同士がケンカになってしまったりすると、間に入って調整役をしなければなりません。それでも、川野建設には頼れる先輩がいます。困ったときは先輩に相談することで壁も乗り越えられました。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.今までで印象に残っているお仕事はありますか?
線路を作る現場で、躯体をスラブから作る、逆巻き工法というものがあるのを初めて知って驚きました。そのほかのことに関しても、僕は高校時代に造園の勉強をしてきたので、建設に関しては知らないことだらけ。現場が変わるたびに、新しいことが覚えられるので、刺激的な毎日を過ごしています。
Q.今後、川野建設でどんな夢を叶えたいですか?
とにかく、一日でも早く一人前になって、ひとりでも現場が動かせる力をつけたいと思っています。そして、自分が監督した現場が無事に完成し、携わった多くの人と喜びを分かち合える瞬間がくるのがいまからとても楽しみです。
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

高校では建設のことを勉強していたわけではない僕ですが、現場や会社の皆さんに支えられながら楽しく仕事をさせていただいてます。確かに大変な仕事ですが、多くの人と関係性が築けるのが建設現場のいいところ。充実感が味わえる楽しい仕事ですので、ぜひ一緒にがんばりましょう!

平成28年度入社

福田 裕貴 19歳 佐賀県出身

Q.高校ではどのような勉強をしてましたか?
高校では主に、測量の基礎や造園(庭造り)について勉強していましたので、土木を専門に学んだわけではありませんでした。そのため、就職先を川野建設に決める前は不安もあったんですが……。働き始めて1年、自分がこんな大きな現場に携われていることが信じられなくもあり、うれしくもあります。
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?

一番の動機は、正直に言うと「東京に出たかった」というものでした(笑)。川野建設を就職先に決めたのは、先生に勧められたからです。最初は東京で働けるということしか頭にありませんでしたが、先生から話を聞くうちに大きな工事現場で働く自分を想像するようになり、不安を感じながらも、わくわく感を感じるようにもなりました。え、今どう思っているか、ですか? もちろん、よかったです! やりがいの感じられる仕事で、毎日充実しています。

Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
Q.現在のお仕事内容を教えて下さい。
川野建設で働き始めて1年。これまで、高速道路のケーソン(柱)をつくる現場や線路をつくる現場に携わってきました。施工管理者として現場の安全管理をしたり、作業員の方々が仕事をしやすいように作業の段取りを組んだりしていました。やはり最初は緊張することばかりでしたが、人間すぐに慣れるものです!
Q.仕事をして楽しかったことを教えて下さい。
自分が大きな仕事の現場に関われることもありますが、僕が一番楽しいのは人との出会いです。現場で年上の方ばかりで最初は打ち解けられるか心配でホームシックになることもありましたが……現場に出るようになって半年ほどで多くの職人さんたちと仲良くなれました。仲良くなると、職人さんたちもこちらの無理なお願いを聞いてくれるようになったり。あぁ、こうしてひとつの工事が完成していくんだ、という充実感を味わえるのも、この仕事の醍醐味だと思います。
Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?

場所や環境が変わるだけで、やり方、方法が変わってくるというのが微妙に変わってくるんです。その変化に順応しなければいけないのが施工管理者の苦労するところだと感じています。ひとつしかないクレーンが、こちらの段取りが悪いと奪い合いになってしまったり。ときには別グループの職人さん同士がケンカになってしまったりすると、間に入って調整役をしなければなりません。それでも、川野建設には頼れる先輩がいます。困ったときは先輩に相談することで壁も乗り越えられました。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.今までで印象に残っているお仕事はありますか?
線路を作る現場で、躯体をスラブから作る、逆巻き工法というものがあるのを初めて知って驚きました。そのほかのことに関しても、僕は高校時代に造園の勉強をしてきたので、建設に関しては知らないことだらけ。現場が変わるたびに、新しいことが覚えられるので、刺激的な毎日を過ごしています。
Q.今後、川野建設でどんな夢を叶えたいですか?
とにかく、一日でも早く一人前になって、ひとりでも現場が動かせる力をつけたいと思っています。そして、自分が監督した現場が無事に完成し、携わった多くの人と喜びを分かち合える瞬間がくるのがいまからとても楽しみです。
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

高校では建設のことを勉強していたわけではない僕ですが、現場や会社の皆さんに支えられながら楽しく仕事をさせていただいてます。確かに大変な仕事ですが、多くの人と関係性が築けるのが建設現場のいいところ。充実感が味わえる楽しい仕事ですので、ぜひ一緒にがんばりましょう!

Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

平成28年度入社 先輩社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


採用情報 FAQ

採用エントリーフォーム