社員インタビュー

金子 理輝19歳・山梨県出身

Q.仕事で面白かったこと、やりがいを感じたことはありますか?
今は高速道路のためのトンネルを掘る現場を担当しています。全部で300名ぐらいが関わるビッグプロジェクトです。1年目にも関わらず、大きな仕事に関わらせてもらえることに、やりがいを感じています。同じ現場には年齢や立場が近くて何でも相談できる先輩が3人と、年上で経験豊富な頼りがいのある上司が5人、合わせて8人の川野建設の社員がいるので、とても心強いです。自分自身は、まだまだ経験不足で仕事の面白さを語れるレベルではありません。でも、多くの先輩方に指導してもらいつつ、毎日少しずつではありますが、確実に成長しているのが感じられます。実際に、この半年でだいぶ仕事を任せてもらえるようになりました。
Q.仕事で辛かったこと、悔しかったことはありますか?
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?

仕事で一番辛いのは、仕事内容そのものよりも、早起きしないといけないことです(笑)。5分おきに3回ぐらい目覚ましをかけて、がんばって起きています。

Q.仕事の時に大切にしていることは何ですか?
人として当たり前のことだと思いますが、とにかく挨拶をきちんとすることです。まずはそこからだと思います。あとは、いくら立場上は上だからと言って、同じ現場で働く年上の方々への対応が上から目線にならないように気をつけています。また、作業員さんたちが安全かつ順調に作業できる環境を整えるという自分の役目をいつも忘れず、安全第一でやっていきたいと思っています。
Q.これから川野建設でやってみたいお仕事、目標は何ですか?
親も自分と同じ建築業で施工管理の仕事をしています。その姿を見ながら育ってきたので、とても自然な流れで今の仕事に就きました。だから他の仕事をしている自分は想像がつきません。目標はできるだけ早く良い土木マンになることです。具体的な現場としては、高速道路のインターやジャンクションといった躯体構築に憧れがあるので、いつか担当できたらいいなと思っています。
Q.川野建設の良いところはどんなところですか?

自分の場合は、大きな現場が多いことはもちろんですが、就職活動で会社訪問に行った時に、アットホームで親しみやすい雰囲気が感じられたことが、入社の決め手になりました。大きな現場で働いてみたい、でも規模が大きすぎる会社に入って組織の歯車のようにはなりたくないと思っていた自分にとって、川野建設はぴったりの会社でした。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.川野建設に多いのは、どんなタイプの社員だと思いますか?
人柄は全く堅苦しくないのに、高度なスキルと豊富な経験をもった尊敬できる先輩方がたくさんいます。そんな先輩方の近くで毎日を過ごしていると、自分のモチベーションもどんどん上がっていきます。先輩方に早く追いつき、追い越せるようにがんばっていきたいと思います。
Q.仕事が終わった後の平日はどんな風に過ごしていますか?
ジムに通って体を鍛えたり、気の合う同僚たちと食事に行ったりしています。寮で生活していますが、渋谷区内のとても便利な場所にあるので、仕事以外の時間も楽しく過ごせます。
Q.川野建設への入社を考えている新卒者にメッセージはありますか?
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

川野建設が関わっている現場はバリエーションが豊富なうえに、1つの現場で色々な経験を積むことができる大きな現場が多いのが特徴です。早く一流の土木マンになりたいと思っているなら、ぜひ川野建設に来てください。一緒に仕事しましょう!

平成29年度入社

金子 理輝 19歳 山梨県出身

Q.仕事で面白かった事、やりがいを感じた事は?
今は高速道路のためのトンネルを掘る現場を担当しています。全部で300名ぐらいが関わるビッグプロジェクトです。1年目にも関わらず、大きな仕事に関わらせてもらえることに、やりがいを感じています。同じ現場には年齢や立場が近くて何でも相談できる先輩が3人と、年上で経験豊富な頼りがいのある上司が5人、合わせて8人の川野建設の社員がいるので、とても心強いです。自分自身は、まだまだ経験不足で仕事の面白さを語れるレベルではありません。でも、多くの先輩方に指導してもらいつつ、毎日少しずつではありますが、確実に成長しているのが感じられます。実際に、この半年でだいぶ仕事を任せてもらえるようになりました。
Q.仕事で辛かった事、悔しかった事はありますか?

仕事で一番辛いのは、仕事内容そのものよりも、早起きしないといけないことです(笑)。5分おきに3回ぐらい目覚ましをかけて、がんばって起きています。

Q.仕事で辛かった事、悔しかった事はありますか?
Q.仕事の時に大切にしていることは何ですか?
人として当たり前のことだと思いますが、とにかく挨拶をきちんとすることです。まずはそこからだと思います。あとは、いくら立場上は上だからと言って、同じ現場で働く年上の方々への対応が上から目線にならないように気をつけています。また、作業員さんたちが安全かつ順調に作業できる環境を整えるという自分の役目をいつも忘れず、安全第一でやっていきたいと思っています。
Q.川野建設でやってみたいお仕事、目標は?
親も自分と同じ建築業で施工管理の仕事をしています。その姿を見ながら育ってきたので、とても自然な流れで今の仕事に就きました。だから他の仕事をしている自分は想像がつきません。目標はできるだけ早く良い土木マンになることです。具体的な現場としては、高速道路のインターやジャンクションといった躯体構築に憧れがあるので、いつか担当できたらいいなと思っています。
Q.川野建設の良いところはどんなところですか?

自分の場合は、大きな現場が多いことはもちろんですが、就職活動で会社訪問に行った時に、アットホームで親しみやすい雰囲気が感じられたことが、入社の決め手になりました。大きな現場で働いてみたい、でも規模が大きすぎる会社に入って組織の歯車のようにはなりたくないと思っていた自分にとって、川野建設はぴったりの会社でした。

Q.川野建設の良いところはどんなところですか?
Q.川野建設の社員に多いのは、どんなタイプ?
人柄は全く堅苦しくないのに、高度なスキルと豊富な経験をもった尊敬できる先輩方がたくさんいます。そんな先輩方の近くで毎日を過ごしていると、自分のモチベーションもどんどん上がっていきます。先輩方に早く追いつき、追い越せるようにがんばっていきたいと思います。
Q.仕事終わりの平日はどう過ごしていますか?
ジムに通って体を鍛えたり、気の合う同僚たちと食事に行ったりしています。寮で生活していますが、渋谷区内のとても便利な場所にあるので、仕事以外の時間も楽しく過ごせます。
Q.入社を考えている新卒者にメッセージは?

川野建設が関わっている現場はバリエーションが豊富なうえに、1つの現場で色々な経験を積むことができる大きな現場が多いのが特徴です。早く一流の土木マンになりたいと思っているなら、ぜひ川野建設に来てください。一緒に仕事しましょう!

Q.新卒者へのメッセージをお願いします。新卒者へのメッセージをお願いします。

平成29年度入社 社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


平成28年度入社 先輩社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


採用情報 FAQ

採用エントリーフォーム