社員インタビュー

戸舘 祐太19歳・青森県出身

川野建設より大成建設株式会社に出向中 ※インタビュー時

Q.高校ではどのような勉強をしてましたか?
将来は建設会社で働きたいという希望を持っていましたので、高校は土木科のある学校を選択し、測量や施行など、土木工事に関する基礎を勉強してきました。実習などもありましたが、机の上で教科書を見ながら勉強しているのと実際の現場は大違い。就職してから1年経ちましたが、毎日が新しい発見です。
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?

私は青森県の出身で、高校卒業後は関東で働きたいという希望を持っていました。そんなとき、川野社長が学校訪問に来てくださり、面談をしてくださいました。学校の先生に勧められて会社パンフレットは見ていたのですが、写真に写った社長はビシッとした表情で恐そうな第一印象でした。ところが、お話をさせていただくとざっくばらんで優しそうな印象を受けました。今考えると、このことが就職先を川野建設に決めた一番の理由だったかもしれません。

Q.現在のお仕事内容を教えて下さい。
現在は、トンネルを作るシールド工事を行う現場で施工管理の仕事をしています。シールド工事には直径12メートル以上ある掘削機を使用しますが、これが大迫力。写真では見たことがありますが、実物は驚くほどでっかく、最初は圧倒されました。そして、圧倒されると同時に、ものすごく重要で、大きな仕事に携わっているんだという充実感を味わいながら働くことができています。
Q.仕事をしていて楽しかったことを教えて下さい。
大きな仕事に携わっているという充実感が味わえることも嬉しいことですが…… 一番の楽しみは様々な人と関わりながら仕事ができることだと感じています。現場の方々からは、まだ自分が携わったことのない、色々な工事現場の話を聞くこともでき、興味が湧くと同時にこれからの仕事に夢を持つことができています。
Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?

現場では、施工管理をする側である自分の考えと、作業員の方々の希望が噛み合ないことが少なくないことに苦労を感じることがありました。上司と配管の設置方法を話し合った上で現場に赴き、提案をしたときのことです。作業員の方たちから「それじゃダメだ」と言われてしまいました。ですが、上司に相談しながら自分で設置方法を再検討し、最終的に現場の方々に受け入れられたときの嬉しさが味わえるのも、この仕事のいいところだと思えました。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.今までで印象に残っているお仕事はありますか?
研修のためJV(ジョイントベンチャー)で川野建設からスーパーゼネコンである大成建設株式会社に出向し、元請けとして仕事をさせてもらったことがとてもいい経験になりました。スーパーゼネコンならではの仕事の仕方もとても勉強になりました。そこで感じたこと、覚えたことを、これからの川野建設での仕事に生かしていければいいなと思っています。
Q.今後、川野建設でどんな夢を叶えたいですか?
とにかく、一日も早く自分の現場をもてるようになりたいです!そのためには、覚えなくてはならないことや、積まなくてはいけない経験が山ほどあると思いますが、この目標のために前進したいと思います!
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

 建設会社で働きたいと思っていた僕にとって、川野社長に面談してもらい、川野建設に就職したのは正解でした。会社の先輩も親切で、困ったときには相談にも乗ってくれました。僕も会社に後輩ができたら、頼れる先輩になれるよう努力したいと思っています。ぜひ一緒に頑張りましょう!

平成28年度入社

戸舘 祐太 19歳 青森県出身

※川野建設より大成建設株式会社に出向中
Q.高校ではどのような勉強をしてましたか?
将来は建設会社で働きたいという希望を持っていましたので、高校は土木科のある学校を選択し、測量や施行など、土木工事に関する基礎を勉強してきました。実習などもありましたが、机の上で教科書を見ながら勉強しているのと実際の現場は大違い。就職してから1年経ちましたが、毎日が新しい発見です。
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
現在は、トンネルを作るシールド工事を行う現場で施工管理の仕事をしています。シールド工事には直径12メートル以上ある掘削機を使用しますが、これが大迫力。写真では見たことがありますが、実物は驚くほどでっかく、最初は圧倒されました。そして、圧倒されると同時に、ものすごく重要で、大きな仕事に携わっているんだという充実感を味わいながら働くことができています。
Q.現在のお仕事内容を教えて下さい。

大きな仕事に携わっているという充実感が味わえることも嬉しいことですが…… 一番の楽しみは様々な人と関わりながら仕事ができることだと感じています。現場の方々からは、まだ自分が携わったことのない、色々な工事現場の話を聞くこともでき、興味が湧くと同時にこれからの仕事に夢を持つことができています。

Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
Q.仕事をして楽しかったことを教えて下さい。
現在は、トンネルを作るシールド工事を行う現場で施工管理の仕事をしています。シールド工事には直径12メートル以上ある掘削機を使用しますが、これが大迫力。写真では見たことがありますが、実物は驚くほどでっかく、最初は圧倒されました。そして、圧倒されると同時に、ものすごく重要で、大きな仕事に携わっているんだという充実感を味わいながら働くことができています。
Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?

現場では、施工管理をする側である自分の考えと、作業員の方々の希望が噛み合ないことが少なくないことに苦労を感じることがありました。上司と配管の設置方法を話し合った上で現場に赴き、提案をしたときのことです。作業員の方たちから「それじゃダメだ」と言われてしまいました。ですが、上司に相談しながら自分で設置方法を再検討し、最終的に現場の方々に受け入れられたときの嬉しさが味わえるのも、この仕事のいいところだと思えました。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.今までで印象に残っているお仕事はありますか?
研修のためJV(ジョイントベンチャー)で川野建設からスーパーゼネコンである大成建設株式会社に出向し、元請けとして仕事をさせてもらったことがとてもいい経験になりました。スーパーゼネコンならではの仕事の仕方もとても勉強になりました。そこで感じたこと、覚えたことを、これからの川野建設での仕事に生かしていければいいなと思っています。
Q.今後、川野建設でどんな夢を叶えたいですか?
とにかく、一日も早く自分の現場をもてるようになりたいです!そのためには、覚えなくてはならないことや、積まなくてはいけない経験が山ほどあると思いますが、この目標のために前進したいと思います!
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

建設会社で働きたいと思っていた僕にとって、川野社長に面談してもらい、川野建設に就職したのは正解でした。会社の先輩も親切で、困ったときには相談にも乗ってくれました。僕も会社に後輩ができたら、頼れる先輩になれるよう努力したいと思っています。ぜひ一緒に頑張りましょう!

Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

平成28年度入社 先輩社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


採用情報 FAQ

採用エントリーフォーム