社員インタビュー

山田 悠友19歳・熊本県出身

Q.仕事で面白かったこと、やりがいを感じたことはありますか?
今つかせてもらっているのは、将来的には東京外環自動車道とつながって高速道路になる日本最大級のトンネル現場です。初めての本配属でこんなに大きな現場を担当させてもらえるのは、川野建設ならではだと思います。やりがいや面白さを感じられるのはもちろんのこと、様々な種類の作業を同じ現場内で見ることができるので、とても勉強になります。
Q.仕事で辛かったこと、悔しかったことはありますか?
Q.仕事で辛かったこと、悔しかったことはありますか?

私は祖父が看板屋さんで働いていたこともあって、小学生の頃から将来はモノ作りの仕事に就きたいと思っていました。高校で建築を学んでから川野建設に入社したのですが、実際に現場に立たせてもらうと、思っていた以上に建築と土木の世界には大きな違いがありました。そのため、現場で通用するような知識が無さすぎて、役に立っていないと感じてしまう時が一番辛いです。今は職種に関係なく、分け隔てないコミュニケーションが取れる現場にいるので、分からないことはその場で質問するようにしています。先輩も職人さんも、自分から聞けば何でも丁寧に教えてくれます。

Q.仕事の時に大切にしていることは何ですか?
私は行動が遅くて、すぐに物事を忘れてしまうタイプなので、もらった指示はメモして、できるだけ早く行動に移すよう先輩から教わりました。そうすることによって、周囲からの信頼を得られるようになったと思います。
Q.これから川野建設でやってみたいお仕事、目標は何ですか?
今の現場で本格的にトンネルを掘り始めるのは今年の夏からの予定です。準備段階から掘削段階、構築段階といった一連の流れを全て経験させてもらうことになっています。まだまだ先の話になりますが、現在の目標は7年後にトンネルが完成するのをしっかり見届けることです。
Q.川野建設の良いところはどんなところですか?

入社して1ヶ月後ぐらいに、資格をたくさん取れるのが、すごく良いと思います。短期集中型の泊まりこみ合宿を行って、3つの資格を取得することができました。仕事に直結する資格なので、今後すぐに役立つと思います。

Q.川野建設の良いところはどんなところですか?
Q.川野建設に多いのは、どんなタイプの社員だと思いますか?
入社する前は、何となく豪快な人が多いのかと思っていましたが、実際には個性豊かで色々なタイプの社員がいます。現在、同じ現場に通っている先輩は、どちらかと言うと繊細な計画派タイプです。私の場合は上司に地元の高校の先輩がいるので、特に相談しやすいのかもしれませんが、川野建設の人間関係には全く堅苦しいところがなく、上司とも気軽に話しやすい環境が整っていると思います。
Q.仕事が終わった後の平日はどんな風に過ごしていますか?
まだ1年目の新人なので、現場に集中するためにも、平日は帰宅したらしっかり休んでいます。その分、休日は趣味のために時間を使って、思いきり気分転換するようにしています。地元にいたら経験するのが難しい、都内在住ならではの楽しい時間を過ごしています。私の場合は、少し遅れてホームシックがやってきたのですが、寂しさを感じる時は家族や友達と電話で話したり、動画を送ってもらったりして乗り越えるようにしています。
Q.川野建設への入社を考えている新卒者にメッセージはありますか?
Q.川野建設への入社を考えている新卒者にメッセージはありますか?

今の現場では全部で80名が働いていますが、そのうち女性は3人しかいません。また川野建設の社内には3人の女性事務員さんがいるのですが、現場に出ている女性は、現状では私1人です。そのため、ぜひもっと女性に入社してもらいたいなと思っています。上京にはある程度の覚悟が必要だと思いますが、思いきって飛びこんできてください。優しい先輩として精一杯サポートします!

平成29年度入社

山田 悠友 19歳 熊本県出身

Q.仕事で面白かった事、やりがいを感じた事は?
今つかせてもらっているのは、将来的には東京外環自動車道とつながって高速道路になる日本最大級のトンネル現場です。初めての本配属でこんなに大きな現場を担当させてもらえるのは、川野建設ならではだと思います。やりがいや面白さを感じられるのはもちろんのこと、様々な種類の作業を同じ現場内で見ることができるので、とても勉強になります。
Q.仕事で辛かった事、悔しかった事はありますか?

私は祖父が看板屋さんで働いていたこともあって、小学生の頃から将来はモノ作りの仕事に就きたいと思っていました。高校で建築を学んでから川野建設に入社したのですが、実際に現場に立たせてもらうと、思っていた以上に建築と土木の世界には大きな違いがありました。そのため、現場で通用するような知識が無さすぎて、役に立っていないと感じてしまう時が一番辛いです。今は職種に関係なく、分け隔てないコミュニケーションが取れる現場にいるので、分からないことはその場で質問するようにしています。先輩も職人さんも、自分から聞けば何でも丁寧に教えてくれます。

Q.仕事で辛かった事、悔しかった事はありますか?
Q.仕事の時に大切にしていることは何ですか?
私は行動が遅くて、すぐに物事を忘れてしまうタイプなので、もらった指示はメモして、できるだけ早く行動に移すよう先輩から教わりました。そうすることによって、周囲からの信頼を得られるようになったと思います。
Q.川野建設でやってみたいお仕事、目標は?
今の現場で本格的にトンネルを掘り始めるのは今年の夏からの予定です。準備段階から掘削段階、構築段階といった一連の流れを全て経験させてもらうことになっています。まだまだ先の話になりますが、現在の目標は7年後にトンネルが完成するのをしっかり見届けることです。
Q.川野建設の良いところはどんなところですか?

入社して1ヶ月後ぐらいに、資格をたくさん取れるのが、すごく良いと思います。短期集中型の泊まりこみ合宿を行って、3つの資格を取得することができました。仕事に直結する資格なので、今後すぐに役立つと思います。

Q.川野建設の良いところはどんなところですか?
Q.川野建設の社員に多いのは、どんなタイプ?
入社する前は、何となく豪快な人が多いのかと思っていましたが、実際には個性豊かで色々なタイプの社員がいます。現在、同じ現場に通っている先輩は、どちらかと言うと繊細な計画派タイプです。私の場合は上司に地元の高校の先輩がいるので、特に相談しやすいのかもしれませんが、川野建設の人間関係には全く堅苦しいところがなく、上司とも気軽に話しやすい環境が整っていると思います。
Q.仕事終わりの平日はどう過ごしていますか?
まだ1年目の新人なので、現場に集中するためにも、平日は帰宅したらしっかり休んでいます。その分、休日は趣味のために時間を使って、思いきり気分転換するようにしています。地元にいたら経験するのが難しい、都内在住ならではの楽しい時間を過ごしています。私の場合は、少し遅れてホームシックがやってきたのですが、寂しさを感じる時は家族や友達と電話で話したり、動画を送ってもらったりして乗り越えるようにしています。
Q.入社を考えている新卒者にメッセージは?

今の現場では全部で80名が働いていますが、そのうち女性は3人しかいません。また川野建設の社内には3人の女性事務員さんがいるのですが、現場に出ている女性は、現状では私1人です。そのため、ぜひもっと女性に入社してもらいたいなと思っています。上京にはある程度の覚悟が必要だと思いますが、思いきって飛びこんできてください。優しい先輩として精一杯サポートします!

Q.入社を考えている新卒者にメッセージは?

平成29年度入社 社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


平成28年度入社 先輩社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


採用情報 FAQ

採用エントリーフォーム