社員インタビュー

野田 幸嗣19歳・佐賀県出身

Q.高校ではどのような勉強をしてましたか?
農業高校の土木科で、3年間を通して基礎的な土木の勉強をしてきました。他には測量や力学の授業もあったので、今の仕事のためにはよかったと思います。ですが、高校で勉強したことは基本的には役立ちますが、実際に現場に出てみると1からスタートだということを実感しています。
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?

東京という大都市で、大規模な工事現場に関わることができるというところに大変な魅力を感じたため、川野建設で働くことに決めました。

Q.現在のお仕事内容を教えて下さい。
現在は、渋谷駅西口の作業所に所属し、地下にタクシープールをつくる躯体構築工事に携わっています。個人的な作業としてはKYの作成。日々の工事現場で、事故や怪我のないよう、対策や配慮をするのも大切な業務の一環。ですが、慎重になりすぎると工事の日程に支障が出たりします。そのあたりのバランスを考えるのが大変だと感じながら仕事をしています。
Q.仕事をしていて楽しかったことを教えて下さい。
1日の仕事が無事にうまくいったときや、作業員の方々と力を合わせてノルマを達成したとき。そして、日に日に現場が完成に向かうのが目に見えるというところに、やりがいや楽しさを感じています。
Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?

まだ入社して1年なので、分からないことばかりで苦労しています。でも、壁にぶつかったときは会社の先輩や作業員の方々に相談すれば、大抵のことは解決するもの。その積み重ねで、自分が成長していけることが何より嬉しいことだと思いながら仕事をしています。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.今までで印象に残っているお仕事はありますか?
現在、携わっている渋谷駅西口工事で行った試掘作業が印象に残っています。地面の中に埋まっているものを探る作業なのですが、何が出てくるか分からないので、ときには手で掘ったりと、慎重に作業を進めていかなければなりませんでした。それはもう大変でしたが、そのぶん忘れられない貴重な体験になりました。
Q.今後、川野建設でどんな夢を叶えたいですか?
僕の夢は、早くひとりで現場を仕切らせてもらえるようになることです。そのためには必要な知識や現場で指揮をとる力、安全に工事を進めるために配慮する目を養わなければならないと感じています。現場で経験を積みながら勉強し、一日も早く「一級土木施工管理技士」の資格が取れるよう、身を引き締めて頑張りたいと思っています!
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

土木工事の仕事はキツい、汚いと悪いイメージがあるかもしれません。確かに大変な仕事ではありますが、実際に働いてみて感じるのは作業員の方々や会社の先輩方の優しさです。それに、作業環境も思っていたのと違い悪くありません。先入観で判断せず、この世界に飛び込んでよかったと思っています。みなさんもぜひ、この業界で頑張ってみてください!

平成28年度入社

野田 幸嗣 19歳 佐賀県出身

Q.高校ではどのような勉強をしてましたか?
農業高校の土木科で、3年間を通して基礎的な土木の勉強をしてきました。他には測量や力学の授業もあったので、今の仕事のためにはよかったと思います。ですが、高校で勉強したことは基本的には役立ちますが、実際に現場に出てみると1からスタートだということを実感しています。
Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?

東京という大都市で、大規模な工事現場に関わることができるというところに大変な魅力を感じたため、川野建設で働くことに決めました。

Q.数ある建設系の会社から川野建設を選んだ理由は?
Q.現在のお仕事内容を教えて下さい。
現在は、渋谷駅西口の作業所に所属し、地下にタクシープールをつくる躯体構築工事に携わっています。個人的な作業としてはKYの作成。日々の工事現場で、事故や怪我のないよう、対策や配慮をするのも大切な業務の一環。ですが、慎重になりすぎると工事の日程に支障が出たりします。そのあたりのバランスを考えるのが大変だと感じながら仕事をしています。
Q.仕事をして楽しかったことを教えて下さい。
1日の仕事が無事にうまくいったときや、作業員の方々と力を合わせてノルマを達成したとき。そして、日に日に現場が完成に向かうのが目に見えるというところに、やりがいや楽しさを感じています。
Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?

まだ入社して1年なので、分からないことばかりで苦労しています。でも、壁にぶつかったときは会社の先輩や作業員の方々に相談すれば、大抵のことは解決するもの。その積み重ねで、自分が成長していけることが何より嬉しいことだと思いながら仕事をしています。

Q.苦労したことは?どうやって克服しましたか?
Q.今までで印象に残っているお仕事はありますか?
現在、携わっている渋谷駅西口工事で行った試掘作業が印象に残っています。地面の中に埋まっているものを探る作業なのですが、何が出てくるか分からないので、ときには手で掘ったりと、慎重に作業を進めていかなければなりませんでした。それはもう大変でしたが、そのぶん忘れられない貴重な体験になりました。
Q.今後、川野建設でどんな夢を叶えたいですか?
僕の夢は、早くひとりで現場を仕切らせてもらえるようになることです。そのためには必要な知識や現場で指揮をとる力、安全に工事を進めるために配慮する目を養わなければならないと感じています。現場で経験を積みながら勉強し、一日も早く「一級土木施工管理技士」の資格が取れるよう、身を引き締めて頑張りたいと思っています!
Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

土木工事の仕事はキツい、汚いと悪いイメージがあるかもしれません。確かに大変な仕事ではありますが、実際に働いてみて感じるのは作業員の方々や会社の先輩方の優しさです。それに、作業環境も思っていたのと違い悪くありません。先入観で判断せず、この世界に飛び込んでよかったと思っています。みなさんもぜひ、この業界で頑張ってみてください!

Q.新卒者へのメッセージをお願いします。

平成28年度入社 先輩社員インタビュー
※年齢はインタビュー時のものです。


採用情報 FAQ

採用エントリーフォーム